ラディッシュのタネのまき方

タイトル-ラディッシュ

畑の準備(土づくり)

畑はタネまきの2週間位前に苦土石灰1㎡あたり100〜150g位を施しよく耕し、その後1㎡あたり完熟堆肥2kg位と化成肥料100〜150g位を施し深くよく耕し、幅60〜80cm位高さ10cm位のうねを作ります。

タネまき

条間隔20cm位とり2条のまき溝を1cm位の深さとして作り、スジまきし軽く土をかけ手で押さえ十分に水をやります。

間引き管理

発芽後本葉1枚の頃3〜4cmの株間に間引き、本葉2〜3枚の頃に化成肥料1㎡あたり20g位を溝の両側に施し土寄せし、最終株間を7〜10cm位にします。その後の追肥は生育の状況を見て行ってください。

病害虫

アブラ虫、ヨトウ虫、コナガなどが発生しますので、薬剤散布かネットか不織布で防いでください。

つくり方ポイント

・28℃以上の高温になると生育障害が起きるので、高温時の栽培はさけるか寒冷紗などで防暑対策をとります。
・根の肥大のためには適切な間引きをする。多湿に注意。
・収穫は早目にします。遅れるとス入りトウ立ちの原因になります。
・防虫のための薬剤は生育期間が短いので速効性で残効性の短いものを使用する。

このページの先頭へ