人参のタネのまき方

タイトル-人参

畑の準備(土づくり)

タネまきの2週間以上前に完熟堆肥1㎡あたり3kg、苦土石灰100g、元肥の化成肥料100g、過リン酸石灰30gを施し、深さ20〜25cm位によく耕します。
この時小石や土のかたまり等を取り除きうねを作る前にもう一度耕すとよいでしょう。

うねは1条植えの場合は幅40cm高さ10cm位、2条植えの場合は幅60cmとして条間を20cm位とします。

タネまき

うねの面を平らにして幅2〜3cm深さ1cm程のまき溝を作り、スジまきし5mm程土をかけ、手や鍬の背で軽く押さえ十分に水をやります。この時乾燥させないよう敷わらをするか腐葉土で覆うとよいでしょう。発芽までは乾燥しないよう注意します。

間引き管理

間引きは本葉1〜2枚の頃込み合ったところをすくように間引き、本葉3〜4枚の頃葉が重ならないように2回目の間引きをし、3回目の間引きは本葉5〜6枚の頃株間を10〜12cm位とし行います。

ミニの場合は6〜8cm位とします。2回と3回目の間引き後、うね面に1あたり50g位の化成肥料を施し、土とよく混ぜながら軽く中耕し土寄せをします。

病害虫

夏の高温期に黒葉枯病、黒斑病の発生がありますので殺菌剤を散布します。虫害はネキリ虫、キアゲハの幼虫に注意し、ネコブセンチュウの発生する畑はさけます。

つくり方ポイント

・未熟堆肥は使わない。又根の原因になります。
・発芽まで水を切らさない。
・間引きの時は残す株を傷めない。
・収穫は遅れないように。

このページの先頭へ