ほうれん草のタネのまき方

タイトル-ほうれん草

畑の準備(土づくり)

ほうれん草は酸性土に弱いためタネまきの2週間以上前に1㎡あたり苦土石灰を100〜150g位施し深くよく耕し土を中和させておき、タネまき1週間位前に完熟堆肥を1㎡あたり2kg位、化成肥料100〜150g位施しよく耕して、幅60〜90cm高さ10〜15cm位のうねを作ります。

タネまき

タネは条間15〜20cm位とり、まき溝を幅3cm位深さ1.5〜2cmとし、底を平らにならしタネが重ならないようにしてまき1cm位覆土して押さえ、乾燥しないよう十分に潅水します。

間引き管理

本葉1〜2枚の頃1回間引き株間を3cm位にし、2回目は本葉3〜4枚の頃行い株間を6〜10cm位にします。

追肥は2回目の間引きの後1㎡あたり化成肥料50g位を条間に施します。

病害虫

害虫はアブラ虫、ヨトウ虫、ネキリ虫などで早目に駆除してください。病害はベト病が風通しの悪いところに発生します。病害になった株は取り除き薬剤を散布します。

つくり方ポイント

・畑は水はけのよいところを選ぶ。
・発芽をよくするには一晩水に浸し清水で水洗いしてまくとよいでしょう。余り長時間浸しますとかえって発芽が悪くなるので注意する。
・高温期のタネまきは温度が上がらないようにする。
・間引きは生育の悪いものを取り除き、追肥は葉にかからないように施してください。
・ほうれん草は霜に当たると甘味が増しうまくなります。

このページの先頭へ